【日本橋店 特別営業のお知らせ】12/9(木)、12/10(金)、12/16(木)、12/17(金) の 18:00~20:30は予約無しでご来店いただけます。詳しくはこちら

「KNOT a DAY」ハロウィンから始めるSDGs

10月31日(日)はハロウィン!皆さんは、どのように過ごすかもう決めていますか?最近の日本のハロウィンというと、都心に人が集まったり、その影響でたくさんのゴミが出たりと、地球環境に優しくない印象があるかもしれません…。


ですが、もともとハロウィンは人が集まって騒ぐことを意味するイベントではありませんでした。そこで今回は、ハロウィーンの起源をおさらいしながら、サステナブルなハロウィンの過ごし方について考えてみたいと思います。

 

【目次】
・ハロウィンの起源
・世界のハロウィン
・サステナブルなハロウィンの楽しみ方
・まとめ

 

ハロウィンの起源

kigen_halloween

ハロウィンの始まりは約2000年前。紀元前、古代ケルト人が始めたお祭りであると言われています。古代ケルトでは11月1日から新年が始まっていたため、その前夜の10月31日は「大晦日」という位置付けでした。

そしてこの日は、祖先の霊が現世に戻ってくる日とも信じられていたため、日本でいう「お盆」にもあたります。ただ、お盆とは異なり祖先の霊以外の悪霊も現れると言われ、悪魔や魔女などの格好をすることで身を守ろうとしたのが、仮装の始まりだそうです。

さらに、ケルト人は同じ日に「収穫祭」も行なっていたため、ハロウィンは「大晦日」「お盆」「秋祭り」が一度に来るような日でした。昔から大きなお祭りではあったわけですが、死者を悼み、実りに感謝する宗教的・文化的意義のあるお祭りだったのです。

 

世界のハロウィン

ケルト人から始まったハロウィーンは世界各地に広まり、その土地の文化を反映しながらさまざまな形に変わっていきました。

barmbrack
(出典:https://www.mamapan.jp/recipe/item/1158066

 

アイルランドでは、古代の風習を残しつつミースという都市でお化け屋敷や怪物の仮面舞踏会などが行われています。また、夜には「バーンブラック」と呼ばれるドライフルーツの入ったケーキやパンを食べ、その中に仕込まれている指輪や硬貨などが当たるかどうかで、その年の運勢を占うのだそうです。

 

america_halloween

日本人にとって馴染み深いのは、アメリカのハロウィンでしょう。「トリック・オア・トリート」や「ジャック・オ・ランタン」などが確立したのはアメリカでのことです「ジャック・オ・ランタン」は、アイルランド民話に出てくる「カブで作ったランタン」が由来だと言われていますが、それがアメリカに広まり、現地でより手に入りやすかったカボチャへと姿を変えたんだそうです。

それではいよいよ、日本のハロウィンをサステナブルに楽しむ方法をご紹介していきます!

 

サステナブルなハロウィンの楽しみ方

今年もコロナの影響で、ハロウィンをおうちで過ごす方も多いのではないでしょうか。そこで、家のなかでも楽しめるサステナブルなハロウィンの工夫をご紹介したいと思います。


①フードロスを生まない「ジャック・オ・ランタン」作り

Jack-o-Lantern

カボチャをくり抜いて作る「ジャック・オ・ランタン」。食用のカボチャで作ることは難しく、専用のカボチャで作るのが一般的です。ただ、食べるのには不向きなため、飾ったあと廃棄されることがほとんど。そんなカボチャの廃棄を防ぐ工夫をご紹介します。

 

◆くり抜いた実は、お菓子やスープにする
「ジャック・オ・ランタン」専用のカボチャが食べるのに向かないのは、食感が悪いから。スープやお菓子に混ぜ込むなど、食感を味わう必要のない調理方法であれば、美味しく食べることができます。

 

◆種は、ローストしてナッツのように食べる
カボチャの種は、オーブンでローストすればナッツのように味わうことができます。そのまま食べたり、サラダにかけたり。しかもマグネシウムや亜鉛、良質な脂質などが含まれているため、美容効果もあるんです!

 

◆カボチャ以外の食べやすいものに代用
「ジャック・オ・ランタン」にカボチャを使うのは、前述の通りアメリカで手に入りやすかったからという理由だけ。形や色が似ているオレンジや八朔などの代用でも、ハロウィンの雰囲気を味わうことができますよ。

 

②SDGsを学ぶ、ハロウィンアイテムをゲット!

世界的にSDGs達成を目指す今だからこそ、ハロウィン×サステナブルを意識したアイテムが次々登場しています。

 ◆大阪・堺のお土産「はにわぷりん ハロウィンVer.」

haniwa_pudding
(出典:https://www.fashion-press.net/news/78900

 

大阪地産の食材を使用したはにわぷりん。大阪の「河内ワイン」の製造工程で出た葡萄の皮を飼料にし、育てた鶏の卵をプリンの生地に使用しています。また、容器も可愛くリユースできるため、SDGs12の「つくる責任 つかう責任」に該当するサステナブルなプリンです。

 
「はにわぷりんハロウィンセット」公式サイト:https://haniwa-purin.com/halloween2021/

(予約は10月28日(木)まで)

 

◆多様性を学べる絵本『おばけくんのハロウィン』

obakekun_halloween
(出典:https://www.kadokawa.co.jp/product/322105000847/

 

ハロウィンを舞台に、他者を受け入れる寛容な心や、友達との繋がり、多様性など、SDGsのさまざま目標に絡むテーマが織り込まれている絵本です。絵柄が可愛く子どもが楽しめるのはもちろんのこと、大人にとっては考えさせられる内容でもあります。

 

まとめ

matome

最近のハロウィンはお祭り騒ぎのイメージであまり好きではない、という方も多いかもしれません。でも、外で騒ぐのではなく、家で家族や大事な人たちと一緒に美味しい料理や会話を楽しむ機会としてなら、楽しめるのではないでしょうか。

この記事を読んだことで、その楽しむ心の片隅に「サステナブルを意識しよう」という気持ちを少しでも持っていただけたら、幸いです。

KAPOK KNOTの最新作
商品を見る

関連記事

<いいパートナーの日・インタビュー企画> 無理して理解し合わない、ありのままの関係性 【ゆうたさん・ヒロさん】
<いいパートナーの日・インタビュー企画> 無理して理解し合わない、ありのままの関係性 【ゆうたさん・ヒロさん】
KAPOK  KNOTは、現代における「こころよい暮らし」を提案するブランドです。誰と一緒に過ごすのかが、こころよい暮らしを送るうえで大切なこと。多様性を“豊かさ”と捉えるようになり、パートナーのあり方も変わってきた昨今。11月22日...
記事を読む
デザインに込めた想い 〜ステンカラーコート〜
デザインに込めた想い 〜ステンカラーコート〜
秋が始まったかと思えば、気温は急に下がりすっかり冬の様相。寒い中でも、冬のお出かけを楽しんで欲しい。そんな想いで作った、KAPOK KNOTのファーストアイテム“ステンカラーコート”に、11月3日(水)から新色が登場します。 この製品...
記事を読む
「KNOT a DAY」 世界食料デー 〜食料問題について考える1カ月〜
「KNOT a DAY」 世界食料デー 〜食料問題について考える1カ月〜
「Knot a DAY」では、季節にちなんだサステナブルなテーマを取り上げてきました。そしてこの10月は、特にサステナブルな取り組みが目白押しです。 象徴的なのは、10月16日の「世界食料デー(World Food Day)」。これ...
記事を読む
マガジン一覧へ戻る
x