ヴィーガンファッション|話題の持続可能なアパレル

『ヴィーガン』という考え方やライフスタイルが浸透してきている今、それは食生活だけにとどまりません。ファッションやコスメまで、ヴィーガンを意識しているブランドが増えています。

そこで、今回は、ヴィーガンのファッションについてご紹介。メリットからオススメのブランドまで、詳しくチェックしましょう。

 

〜本記事の内容〜

◯ヴィーガンファッション(アパレル)とは?
◯ヴィーガンファッションのメリット
◯ヴィーガンファッションの素材
◯ヴィーガンファッションと防寒対策
◯おすすめヴィーガンファッションのブランド5選
◯カポックノットとヴィーガンファッション

 

ヴィーガンファッション(アパレル)とは?

そもそもヴィーガンファッションとは、動物由来の素材、毛皮やレザー、羽毛などを身につけず、植物由来のもの、例えばコットンなどを使用するファッションのこと。私たちが日頃使用しているダウンやベルト・カバンなどは、動物の犠牲の上で成り立っていることが多々あります。ヴィーガンファッションは、そんな動物たちを保護することができます。また、地球環境にも配慮し、労働者たちへの倫理的な配慮もされています。

 

ヴィーガンファッションのメリット

羊

ヴィーガンファッションは、さまざまな地球が抱えている現実問題から目を背けずに、動物愛護や環境保護という精神を元に人々が生活を見直していくのを助ける役目があります。

 

①ヴィーガンファッション×アニマルライツ

今年5月末、世界最大の動物愛護団体「PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)」が覆面調査を実施。ペルーにあるアルパカ農家において虐待と思われる毛刈り方法を撮影し、その映像を全世界に発信しました。映像の中では耳や首を捕まれ、テーブルの上でに叩きつけられるなど、過度なストレスを与えられながら毛を刈られるアルパカたちは堪え難い苦痛と戦っていました。その残虐さを受け、H&MやGAPなども問題のアルパカ農場との取引を停止し、ユニクロはアルパカ素材不使用を発表。このように、現在ファッション業界では、動物に配慮した素材を使用する動きが広がっています。特にヴィーガンファッションは、動物性由来の素材を使用しないことで、動物たちの権利や命を守ることができます。

参考:https://www.vogue.co.jp/change/article/valentino-bans-alpaca-wool

 

②ヴィーガンファッション×環境保全

ファッション業界において、地球環境に悪影響を与えていると言われている製造工程で発生する汚染水や温室効果ガスの排出・大量の廃棄物が問題とされています。例えば革製品を作る際、ホルムアルデヒドやクロムなど人体に有害な影響がある化学薬品が使われることも多いです。そのような工場の地下水は化学物質によって汚れ、生活水として使用する人々に健康被害が出ている事例もあります。地球環境に優しい植物性由来のものを使用することで、有害物質の影響から地球も人々も守ることができます。

 

③ヴィーガンファッション×サステナブル

近年よく耳にするようになった『サステナブル(持続可能である)』という点も、ヴィーガンファッションのメリットです。サステナブルを採用しているファッションは,生産から販売までの過程において地球環境や社会、経済、人々に最大限配慮がされているものを指します。3つのR(リユース・リデュース・リサイクル)を基本的な考え方としており、そうすることによって環境に優しい循環型社会を作り出すことができ、次世代まで地球環境を繋ぐことができます。

ヴィーガンファッションの素材とは?

さまざまな種類があるヴィーガン素材。その中でも、代表的なものをご紹介いたします!

「オーガニックコットン」

オーガニックコットンは、有害な化学肥料や薬品、殺虫剤などを使用せず、無農薬で栽培されたものです。農薬を使用することの問題点として、土壌の汚染や微生物への被害、そして、農場の人々が受ける健康被害などが挙げられます。無農薬で育てることで、農場の環境や動物、人々を守ることができるのです。子どもや肌の弱い人々にとっては、無農薬コットンは肌に優しく安心して着用できるのが嬉しい点となります。

「ヴィーガンレザー」

ヴィーガンレザーは、動物性由来の素材を使用せずに本革の繊維構造を人工的に再現をしたもの。種類は大きく分けて3種類あり、合皮(合成皮革)・人工皮革・天然素材由来のヴィーガンレザーがあります。

  ◎合皮(合成皮革):生地や織物にポリウレタン樹脂などをコーティングしたもの。メリットとして、安価で作ることができ、 素材感や色のバリエーションを多く作れる

  ◎人工皮革:三次元立体的に絡み合わせた構造でつくられた繊維に樹脂を塗布したもの

  ◎ヴィーガンレザー:主に植物性の原料、例えばパイナップルの葉の繊維などを使ったレザー
これらは水や汚れに強く、軽くて丈夫という特徴。普段使用する上でお手入れのしやすさや、使い勝手の良さがポイント。

日本では「lovst tokyo」というブランドがヴィーガンレザーを取り入れています。
きになる方はチェックしてみてください。

 

「リサイクルポリエステル」


近年よく取り上げられている海洋汚染の原因の1つとして、ペットボトルやプラスチックがあります。そのプラスチックなどの再生材料からつくられるのがリサイクルポリエステル。廃棄物を減らしながら、地球環境への影響を軽減することができます。

 

ヴィーガンファッションと防寒対策



地球環境や動物に優しいヴィーガンのアウターは防寒が課題であると永らく言われてきました。従来、人々が冬を越すために使用してきた暖かいコートは動物由来の素材でした。そもそも天然素材で暖かいものが世の中に少なく、レザーやウール・羽毛などの動物由来の素材を使用するしかなかったのです。ヴィーガンファッションでは、動物性由来の素材は使用できません。代替素材として、植物性由来の綿や麻などもありますが、防寒するには暖かさが足りないことが課題でした。

そんなヴィーガンファッションの課題を解決してくれる素材が2つ誕生しました。

1つ目は、イタリア発の「SAVE THE DUCK(セーブ・ザ・ダック)」によって新開発された素材、PLUMTECH®(プラムテック®*各国商標登録済)」です。軽くて暖かく、柔らかいというその機能性は、高級なリアルダウンにも負けないと言われています。世界で初めて動物性由来を使用していない防寒着を着用し、エベレスト登頂に成功し世界記録を樹立したほど。極寒を乗り越えることができる、防寒アウターとして注目を集めています。

2つ目は、「カポック」です。


インドネシアや東南アジアに自生しているカポックという木になる木の実から取れる綿。軽く、空気を含み、湿気を吸って、自ら発熱する特殊な素材で、木を伐採することなく綿を採取することができ、アニマルフリーの洋服を作ることができます。

おすすめヴィーガンファッションのブランド5選!



最近では、毛皮を使用しないやアニマルフリーを宣言しているハイブランドが増加。イタリアの「Armani(アルマーニ)」や、アメリカの「Theory(セオリー)」なども毛皮を使用を廃止しています。そんな注目の集まるヴィーガンファッション!今話題のブランドを5つご紹介します。

①「Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)」

出典:The Guardian https://www.theguardian.com/fashion/2018/apr/18/stella-mccartney-designer-ethical-fashion-interview

数々のハイブランドの中でも、ヴィーガンファッションの先駆けとも言える代表的なイギリス発のブランド。創始者のステラ・マッカートニーの母はベジタリアン。この影響で、幼い頃から当たり前のように菜食主義や動物愛護を掲げているため、ブランドの商品も動物性の羽毛やファーだけではなく、本革も使用していません。また、レディースウェアの半分以上はリサイクル素材を使用しています。

HP: https://www.stellamccartney.com/cy

②「SAVE THE DUCK」

出典:http://www.beyondtheline.net/?portfolio=save-the-duck

先ほどもご紹介したブランド、イタリア発のサステナブル・アウターウェアブランド「SAVE THE DUCK(セーブ・ザ・ダック)」です。このブランドはファッションのために羽毛を採取されてしまうダックたちを守るため、最先端の技術を用いてつくられた循環可能な再生素材を主原料とする、新開発された素材PLUMTECH®(プラムテック®*各国商標登録済)」による商品づくりを目指しています。

③「Treen」

出典:https://shoptreen.com

スコットランド発のブランドで、動物性由来の素材を使用していないアイテムを集めたセレクトショップ。Treenを始めたCat Anderson(キャット・アンダーソン)は、長年ベジタリアンとして生活を送っていましたが、その後ヴィーガンに。そんな時彼女の中に生まれた、"なぜ食べ物はヴィーガンとしての生活を送っているのに、洋服ではしていないのだろう"という疑問からTreenは誕生しました。

④「LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)」

出典:https://lovst-tokyo.com

LOVST-TOKYOには、『愛(LOve)を持ってヴィーガン(Vegan)+ファースト(1st)』な『ヴィーガンライフスタイルを尊重していく』という意味が込められた日本のオンラインセレクトショップ。商品だけでなく、商品配送時に発生するゴミを可能な限り減らし、地球環境に負荷をかけないための取り組みとして、『The Better packaging』というコンポストできるパッケージを導入しています。

⑤「HER(ハー)」

出典:http://www.coutume.net

『シーズンや流行にとらわれず、丁寧な納得のいく服作り』を目指している日本のブランド。そんなHERでは2種類のラインがあり、1つ目はセミオーダーライン「COUTUME BY HER(クチューム・バイ・ハー)」というデザインと生地の組み合わせを顧客が選び作るライン。2つ目はコレクションライン「COLLECTION BY HER(コレクション・バイ・ハー)」というセミオーダーとは違ったデザイナーらしい作品を購入するライン。また、HERでは一部の商品をのぞいて全て受注生産という、職人が1着1着魂を込めて丁寧に仕立ててくれます。

あなたの好きなものまとって、さぁ出かけよう!

 

カポックノットとヴィーガンファッション

カポックノットは、先ほどのヴィーガンファッション素材でご紹介した「カポック」を使用したダウンコートやジャケットをつくっているブランドです。このカポックは繊維が短く軽すぎたために糸にできず、なかなか商品化までは至らなかった素材。しかしカポックの綿をシート状にし、服の中に入れることによって軽くて暖かいダウンづくりを実現しました。

カポックノットの理念として、『Farm to Fashion』を掲げており、原料の調達からお客様のお手元に届くまでのプロセスを大切にしています。カポックノット独自のサプライチェーンを構築することによって、全ての過程に携わる人々がどのように感じ、どのような形で製造に関わっているのかを把握することで、安心して商品を安価でお客様に提供することができます。

そんなカポックノットのオススメ商品はこちら!
HP: https://www.makuake.com/project/kapokknot02

<ダウンジャケット>

HP: https://kapok-knot.com

ヴィーガンファッションを取り入れよう!

ヴィーガン生活を始めるきっかけは人それぞれです。しかし、その根底にある動物を助けたい、環境を大切にしたいと思う気持ちは皆同じなはずです。そして、それは今この現代にいる私たちだからこそ感じられたこと。

ヴィーガン生活には興味はあるけど、なかなかその一歩を踏み出せないあなたへ。ぜひ、ファッションからその生活を始めてみませんか?

編集後記

最近は専らネットで服を購入するようになったのですがこの記事を書いてから素材に注目するようになりました。お洒落な洋服!欲しいな!と思っても、動物性由来の素材で作られたものであると分かると購入するには至らなくなりました。このちょっとした意識が動物たちを少しでも助けられると思うとこれからも続けていきたいと思いますね。

KAPOK KNOTの最新作
商品を見る

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

マガジン一覧へ戻る
x