Skip to content

Cart

Your cart is empty

Article: デザインに込めた想い 〜Plant-Based Down 2030:FLARE〜

デザインに込めた想い 〜Plant-Based Down 2030:FLARE〜

想像してみてください。
ずっと楽しみにしていた舞台を見に行く時。大切な友人を祝うパーティーへ向かう時。折角お気に入りのドレスを着たのに、あなたのワードローブにあるコートは
サステナブルに共感して買ったけど、ハレの日には少し安っぽいコート」と
高級感はあるけれど、サステナブルではないコート」の2つだけ。

どちらを着ても、あなたらしさを表現しづらいのではないでしょうか。

私たちが今回作ったのは、そんな時の救世主となるアウター。あなたのとっておきのドレスやワンピースを引き立て、鏡をみた時にワクワクした気持ちにさせてくれる一着。それが『Plant-Based Down 2030:FLARE』です。


今回は、そんなKAPOKNOTの想いがつまったこのアイテムの特徴や、デザインのこだわりをたっぷりお伝えしたいと思います。

 

『Plant-Based Down 2030:FLARE』とは

 ■目指したのは「フォーマルなコーディネートにも合わせられるダウン」

パーティーや観劇の時に着るドレスやワンピースは、薄手のものが多いと思います。そんなフォーマルなスタイルに合わせられて、暖かさも感じられるダウンを作りたい。そんな想いでこのアイテムは完成しました。

袖にはダウン特有のもこもこ感を残しながら、ボディはスタイルアップにつながる細身のシルエットに。ドレスそのものと言われても遜色ないデザインに仕上げています。裾は長めかつ布の分量を多めにしてボリュームを出し、重厚感を演出。スカートの分量に合わせてポケットも大きめに作り、立体感を出しています。

 

■表地も中綿も縫い糸も、すべてが植物由来

 

全てを植物由来で仕上げるためには、どうしても越えなければならない壁がありました。
その壁を乗り越えるには、今までにない素材を組み合わせる必要がありました。

表地は、一見普通のナイロンに見えますが、実はこれは植物由来のナイロン素材。東レ株式会社が新開発した『エコディア®️N510』という生地で、一般的なナイロンと同様の耐久性があります。また、使っている繊維が細く非常に軽い素材なので、冬のアウター特有の重さや動きにくさといったお悩みも解決します。

また中綿には、暖かさを存分に感じていただけるよう吸湿発熱機能を持つカポックを余すことなく使いました。腕のもこもことした部分にはカポック100%のほぐし綿を、身頃にはカポック×テンセル™という特許申請中の独自開発中綿を使用しています。
それらの素材を組み合わせ、今までにないドレスダウンが出来上がっているのです。

 

植物由来100%にこだわった理由

私たちはこれまで、インドネシアに自生する木の実「カポック」の綿を使って、機能・デザイン・サステナブルが揃った洋服作りを行ってきました。サステナブルの観点では、洋服一着を作る際に出るCO2の量(カーボンフットプリント)を算出し、商品タグに明示。その結果、中綿に水鳥の羽毛を使う従来のダウンに比べ、植物由来のカポックを使うことで排出されるCO2の量を10分の1まで抑えることができます。(自社調べ)

 
「中綿だけでなく表地から付属品まですべて植物由来にして、さらに環境に優しいアウターを作りたい」

 
ブランド設立当初の2019年から、そんな想いで研究開発を進めてきました。

実は昨年すでに、植物由来100%のトレンチコートが完成していたのですが、このトレンチコートの表地は非常に重く、デザインやサステナビリティの観点では合格でも、機能面で劣ってしまう結果に。ブランドとしては、お客様にご提供できないという判断をしました。

しかし今回、『エコディア®️N510』という機能面をクリアする素材に出会えたことで、私たちはもう一度植物由来100%のアウターに挑戦しました。そしてついに、機能・デザイン・サステナブルの3拍子が揃った『Plant-Based Down 2030:FLARE』の開発に成功したのです。

 

持続可能な未来を夢見て名付けた

『Plant-Based Down 2030:FLARE』

なぜ商品名に「2030」と入っているのか。この数字には私たちのある想いがあ込められています。「2030年には植物由来100%のダウンが私たちの生活に無理なく取り入れられている」ことを夢見たのです。

ちなみに「FLARE」は、英語で広がりを表す単語です。「未来の東京コレクションでランウェイを歩いている」ことをイメージして、ダウンとドレスを融合させたこれまでにないデザインのアイテムを作りました。

ダウンドレスというデザインにこだわったのは、サステナブルだからと言ってファッション性を諦めたくなかったからです。ファッションも自分らしく楽しみながら、サステナブルへの一歩を踏み出してもらえる、そんな一着に仕上げました。

 

『Plant-Based Down 2030:FLARE』 抽選販売のご案内

植物由来100%のダウンは過去に例のない商品で生産数に限りがあるため、限定3着の抽選販売となります。当選された方には後日採寸を行わせていただき、着丈や袖丈など、あなたに合わせたセミオーダーでご用意します。

 

プラントベースが当たり前になる。そんな未来を私たちと一緒に夢見ていただける方に、ご応募いただけたらと思います。

 

【Plant-Based Down 2030:FLARE 詳細ページ】